当医院のご紹介

incho先生はご自分を多く語らず物静かな方ですが、患者さんと接する際には熱心に解るまで教えていらしゃいます。 先生の人柄に惚れて、他の病院から移って来たスタッフや開業以来勤務するスタッフがいる他、開業以来の患者さんが殆どです。

開業は昭和49年5月とここ富士見市で一番古い眼科の先生です。ですから当時はお一人で全部の小・中・高校の校医を勤められ、また現在に至っても養護学校の校医を勤められております。

なお、川越行定病院にて、白内障手術40年以上、当院木曜休診日を利用し手術に従事しております。 ベテラン先生です。お医者さんの腕は多くの経験叱責と研究心の積み重ねですから、先生は数多くの症例を実際的に見てこられ、そういった点も信頼があります。

また先生はお薬をやたら出しません。今時の病院では処方箋料や薬代で儲けるなんて話も聞きますが、先生はそういったことは大嫌いだそうです。

当医院のモットー
  1. 手とり足とり親切に!
  2. 間違いのないよう正確に!
  3. ゆっくり、のんびりはいけません スピーディーに!

そしてさらに患者さんの身になって考えてあげること。 病は気からと申します。ストレスの多い近年では、環境といった二次的要因も気分を穏やかにする大切な要素であると思います。 順番待ちの患者さんに気持ちや緊張がほぐれたらと、医院を改装し、和紙や自然工房を配し患者さんに優しい空間をつくりましたので、ぜひこの辺もご覧になって頂けたらと思います。

趣味・・・・写真、旅行、音楽鑑賞、読書。まだ行ったことのない場所が山ほどあります、そうした場所へ時間が許す限り行って写真を撮りたい。

incho