屈折矯正
correction 正視について
調節力を使わないときに、平行光線が網膜上に焦点を結ぶ状態です。
correction 遠視について
調年齢が若く軽度の遠視では症状はありません。しかし、遠視があると近い所を見るときはもちろん、遠い所を見る時でも常に調節しないとはっきり見ることができません(凸レンズで矯正される)。
遠視は調節を休ませた時に平行光線が網膜の後ろで像を結ぶ屈折状態であります。 遠視が成り立つには、眼軸が短いか、角膜や水晶体の屈折力が弱いかであり、 前の場合を軸性遠視、後ろの場合を屈折性遠視という。
correction 近視について
遠い所を見るときにぼやけるだけで、近いところはよく見える状態をいいます。屈折度にあった眼鏡(凹レンズ)をかけさえすれば遠いところもはっきり見えるようになります。
近視は調節を休ませた時に平行光線が網膜の前で像を結ぶ屈折状態である。近視が成り立つには、眼軸が長いか、角膜や水晶体の屈折力が強いかである。前の場合を軸性近視、後ろの場合を屈折性近視という。
correction 乱視について
年齢が若く軽度の乱視では症状はありません。しかし、軽度でも年齢が進むにしたがって、また、ある程度以上の乱視になると、遠い所も近い所も見にくいです。片眼で見ても1つの物が2つに見えることがあり調節をしないとはっきり見えない(円柱レンズやコンタクトレンズによって矯正されます)。
乱視は調節を休ませた時に、平行光線がどこにも像を結ばない屈折状態である。正乱視は経線によって屈折力の異なる眼で、屈折力の最も強い経線と最も弱い経線とがあって、この両者を主経線といい、互いに直行する。強弱各主経線ごとに集光する位置を焦線という。強主経線の焦線が前焦線となり、弱主経線の焦線が後焦線となる。前焦線と後焦線との光学的中央点は各経線の集光によって作られる円が最少になる位置である。これを最小錯乱円といいます。