当院にも待望の光干渉断層計(OCT)が入りました。

inchoOCT検査は、非常に高価な機械であるため、これまで大学病院や総合病院でしかできなかった検査です。

この検査機器は、緑内障や網膜疾患の検出を行うものです。眼底撮影した視神経乳頭や網膜の形状を、断層画像や3D画像でみることを可能にした非常に優れた検査機器です。

この検査により、診察だけでははっきりしなかった、網膜の病変が確実に検出できるようになり、今後の治療方針の決定や資料効果の評価判定を極めて行いやすくなりました。 次の眼底疾患の診断評価には極めて有効です。

黄斑浮腫
加齢性黄斑変性症
黄斑円孔
黄斑上膜
中心性網膜炎(中心性網膜脈絡膜症など)

また、これまで視野検査の結果だけでは不確実だった、早期緑内障の判定(これから先に緑内障が起こるかもしれないという判定)もこの機器は可能にしてしまいます。



早期緑内障の判定が可能に

inchoこのOCTは網膜の断層画像を3Dで撮影する機械です。 つまり視神経と網膜線維症の断面像を立体的に撮影できるようになり、その結果、視野が欠けるという自覚症状が現れる前に、緑内障による網膜視神経層の欠損を補えるようになったのです。 今までの視野検査をレントゲンに例えるなら、この検査はCTやMRIに匹敵する情報量をもっています。さらに押し忘れや視点を動かすことによる誤差を生じません。

コンピューターが網膜を走行する視神経線維層の厚みを解析し、その血管範囲と程度をレポート評価してくれますから、「かくれ緑内障」を早期発見できるわけです。しかし、かくれ緑内障が発見できるようになった半面、これまで緑内障と診断されていた患者さんが、じつはそうではなかった、というような逆のケースもでてくるわけです。

緑内障で心配されている方は、この検査を受けてみてください。緑内障は、一度視野が欠けると、もう元には戻れませんし、自覚症状がありませんから、自分の視野欠けに気が付きません。視野の大部分を失ってから眼科に来院される、非常に残念なケースにならない為にも、是非この検査を受けてみてください。病気は起こってからではなく起こる前に予防することが重要です。

この緑内障の予防検診は、特に予約の必要はありませんので、直接、受付にお声かけをしてください。